読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット婚活は大体おんなじ道を通る

後輩の話を聞くことがある。その内容は主に恋愛についてだった。服選びに同行することもある。次に男性と会う時に着る服だ。

付き合っていた彼氏の話、元カレの愚痴、今知り合った人について…。

後輩の恋愛の話は尽きない。「たまに彼氏いらないって時期もあるんだけどね」と言う時期もありつつ、すぐにまた新しい人を見つけてくる。

うわぁ、わかるな。と思う。私も職場が女性ばかりで、多少男性もいたけれど「職場関係の人と恋愛云々になるのは面倒だなぁ」という気持ちが先行して他の場でいろいろ出会いを求めたタイプだからだ。

そういう私も「彼氏いらないって時期」を経験しているし、「新しい人」を見つけて浮かれる時期もあった。

良いと言ってくれる人と出会ったり、その人を自分が気に入らずに疎遠にしたりとあれこれやっているようでふむふむなるほどと聞いていると面白い。

私もその感覚なったことあるわーと思ったからこそ面白い。「小学生のころ○○知っていた人RT」なんていうやつ。あれと一緒。「うっわwww知ってるwwwwなっつかしwwww」みたいな。

 

そんなこんなで自分がネット婚活をやってて感じた事を時系列で書いてみる。

 

初期1/2→登録したて。誰がいいか分からないしどうしたらいいかもわからない。とりあえず使い方を覚えるだけで精一杯。

初期2/2→登録一週間。いいねしてくれた男性ととりあえず話してみる。会話が続かない。一部の人は自分へコミュ症を疑い、あるいはそのアプリ等が使いにくいという理由でこの時点で離脱する。

 

中期1/3→登録1か月。いいねしてくれる人が登録したて少なくなり、自分からいいねしにいく。会話の続け方を多少覚え始めるが続かないか、あるいは数通やり取りで即会い。会った人が良ければ一部の人がこの時点で離脱する。

中期2/3→自分からいいねすることに抵抗が無くなる。会話の続け方が上手になり、やり取りそのものが楽しくなる。慎重な人はここで会う約束を取り付ける。

中期3/3→会うことに抵抗が無くなる。数通やり取りで即会いの時もあれば何通もやり取りしてやっと会うこともある。

中期?/3→①彼氏いらない期が訪れる。どんな格好いい人にいいねされても「はいはい、あーめんどくせー」と思う。たびたび訪れ、時に初期と中期の間に訪れる。

②他のアプリを使いだす。「あっちのアプリでも見たわ」って人の姿を目にする。相手もきっと同じこと思ってる。

 

後期1/3→いいねの数を数えて自分は意外とモテると勘違いし、えり好みをするようになる。年収を重視するようになる。

後期2/3→いいねが減る。やりとりが続かなくなり、それまでにやり取りしていた相手にまたメッセージを送ったりあるいは放置していたいいねを返したりする。

後期3/3→手あたり次第に出会う。多少怖い思いもすることがある。

 

中期?が2つもあるのに○/3はおかしいとは思うけれど人によっては入らない時期なのでこのままにしておく。

結婚しましたが、私は後期の3/3まで経験済の喪です。よく結婚したと思う。いやまじで。主人が仏様か神様なんだろうな…捨てる神あれば拾う神ありって上手な言葉だよ。

今後輩が2/3あたりなんじゃないかなと話しながら思いつつ、アドバイスをして様子を見ている。変な男に引っかからないでほしいと思いつつ後期の3/3までいくなよと「お前が言うな」なことを思っているから大概だ。

また、おそらく後期のあとには末期が存在していて「ビッチか男性不信になる」なんじゃないかと予想。そうでなかったら「頭の中お花畑(王子様はここにはいない)」かな。私の身の回りではネット婚活に関してこの状態になった人をまだ見かけたことがないのでもしそういう人がいたら教えてください。

 

私が後期3/3までいって結婚できた理由はまた次に任せようと思う。今日はもう1500文字も書いて疲れたので。